ワンオペ育児についての考察

がーくんパパです。

 

世間では「ワンオペ育児」についてのコメントが溢れています。

 

一般的には、妻に家事や育児を任せっきりにして仕事をする夫(父親)に対しての不満が滲む言葉ではないでしょうか。 

 

人それぞれ事情や思想に違いがあり、一様にこうすべきという物では無い事は分かります。

 

私なりにどうすればいいのか、考えてみました。

 

 

・子供の世話をする

・家の仕事をする

・話し合う

 

 

今、子供に接する機会が少ない人はなんでもいいと思います、何かを見つける事から始めてはどうでしょうか。

 

・子供と会話する

・園や習い事の送り迎えをする

・ご飯を食べさせる

・お風呂に入れる

・寝かしつけをする

 

パートナーが一手に担っている状態であるとすれば、それを少しでもやってみる事が大事だと思います。

 

 

世間ではイクメンとして評判のご主人がいたとします。

その実は、外面は良くて家事は任せっきりという裏話も耳にします。

 

私個人はそんなイクメンが好きではありません。

家事も育児も同じことだと思います。

家事は終わりの無い仕事と思います。

・掃除

・洗濯

・調理

・ゴミ捨て

 

なんでもいいです、探してください。

ご飯を作れば洗い物が出ます。

子供のお弁当や、園の準備があります。

子供が遊べば部屋は散らかる事でしょう。

洗濯は自動でやってくれますが、洗濯物を干したりたたんだりするのは今現在は人の手がほとんどです。アイロンかけだってしてくれているかもしれません。

クリーニングに出すのであれば自分で出して自分で取りに行くことを検討してみませんか。

あなたが気持ち良く寝ているベッドは誰がメーキングしてますか?

 

 長い期間、それらの仕事をしてもらい、またしているとそれが当たり前になっていきませんか。

 

 

 

そして何より一番大切なのは「話し合うこと」だと思います。

 

やってくれている事は当たり前ではありません。

感謝の気持ち、パートナーを思いやる気持ちがなければその関係は破綻すると思います。

 

普段から会話をすることで、パートナーの思いを聴く事、何か出来る事は無いかを考える事がとても大切ではないでしょうか。

 

 

 

最後に。

私はフルタイムで働くいわゆるサラリーマンです。

なんだったら世間的にはブラック企業と言われてもおかしくないような会社かもしれません。

でも、私は育児をしています。

うちの奥様は体調が優れないことが多く、家事や育児が出来ない状況です。

 

朝、子供を起こし、ご飯を食べさせ、幼稚園のお弁当を用意します。にゃんの世話をし、ゴミ出しをして、子供を自転車で幼稚園に連れて行きます。

昼、奥様のご飯を買ったり、作ったりして一旦家に帰り、部屋の掃除をします。

夜、子供を迎えに行き、スーパーで買い物をし、洗濯物を回し、ご飯を食べさせ、洗濯物をたたみ、洗い終わった洗濯物を干し、お風呂に子供と一緒に入り、絵本の読み聞かせをして、子供と一緒に寝ます。

 

別に奥様に対して不満があるわけではありません。

でもやってくれたら助かるなという思いはあります。

 

話し合う機会があればこのような思いをしているパートナーの肩の荷を少しでも下ろすことが出来るかもしれません。

お互いが納得し、気持ち良く人生を歩んでいける、そんな家庭が私の理想です。